【電撃移籍】J2東京Vから福岡へFWサッカー選手「佐藤 凌我」が移籍 得点王の今後に期待

佐藤 凌我(さとう りょうが)3 男性

電撃移籍が決定

今月24日にJリーグ・東京ヴェルディからFW佐藤凌我をアビスパ福岡が獲得することが決定!

アビスパ福岡は今季、J1リーグでワーストの29得点で終わっており、
今季リーグの最後の最後まで残留争いを展開するなど、かなり得点力に苦しまされた。
福岡生まれの期待の新人ストライカー佐藤凌我を迎え入れ、チームの得点力不足解消を狙う。
負のスパイラル

これまでJ2でのプレイでは華やかしい戦績を残してきた佐藤凌我だが、自身初となるJ1の舞台の活躍に大きな期待を背負う形となった。

佐藤凌我の地元でもある福岡のサッカーチームでこれからどのような活躍を見せてくれるのか、
得点王:佐藤凌我に注目が集まっている。

FW佐藤凌我の成績

佐藤凌我はこれまでに数々の功績を残しており、若手の期待の得点王として注目を浴びていた。
ルーキーイヤーの2021年には所属チームの主力として42試合に出場しており、13得点もの輝かしい成績を残している。
今季には40試合に出場し、リーグ5位の成績を残す。さらにチームトップの13ゴールを奪い、2年続けて2桁の得点を奪い続け、常に得点王として他との差を見せつけている。
佐藤 凌我(さとう りょうが)2

佐藤凌我はこれまでJ2での試合で輝きを見せたが、J1での初挑戦の舞台ではどんな活躍を見せてくれるのか。今から注目を浴びている。

佐藤凌我ってどんな人?

通っていた幼稚園にサッカーチームができたことをきっかけにひとつ上の兄とサッカーを始める。
これまでサッカー一筋でポジションはFW(フォワード)を任されてきた。
現在でもポジションは変わらず、持ち前の得点力で常にチームに貢献してきた。

高校ではサッカーの強豪校・東福岡高校でプレイし、メキメキと実力をつける。

大学入学までの18年間を地元である福岡で過ごしてきた生粋の「九州男児」。
佐藤さんのサッカーに対する想いは人一倍熱く、今後も活躍が期待されている期待の新人ストライカー

佐藤 凌我(さとう りょうが)1
佐藤 凌我

爽やか人柄と持ち前の明るさをチームを盛り上げる一面を持つ。

昔から父親が試合を観に来ると良い成績を残せないというジンクスがあり、大事な試合には来ないでくれと思っていたという。

甘いものが好きという一面もあり、そのイケメンさに多くのファンがいることは容易に想像ができる。

現在彼女は募集中のようだ。

プロフィール

名前 佐藤 凌我(さとう りょうが)
誕生日 1999年2月20日
年齢 23歳(2022年11月現在)
出身地 福岡県 福岡市
身長 178cm
体重 65kg
血液型 A型
出身高校 東福岡高校 サッカー部
ポジション FW

これまでの戦績

2014年/2015年 全国高等学校総合体育大会 優勝
2015年 全日本高校サッカー選手権大会 優勝
2015年 国民体育大会(少年男子の部) 優勝チームタイトル
2019年 全日本大学サッカー選手権大会 優勝
2019年 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント 優勝
2019年 全日本大学サッカー選手権大会 得点王
2019年/2020年 関東大学サッカーリーグ戦 優勝
2020年 関東大学サッカーリーグ戦 ベストイレブンチームタイトル



コメント